2007/03/27

バッド・エデュケーション / LA MALA EDUCACION

製作国 スペイン (2004)
監督: ペドロ・アルモドバル
出演: ガエル・ガルシア・ベルナル/フェレ・マルティネス

「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督が、2人の青年の過去から現在に至る壮絶な愛と裏切り、渦巻く欲望をスリリングに描いた半自伝的ドラマ。主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナルと「アナとオットー」のフェレ・マルティネス。
1980年、スペインのマドリード。新進映画監督のエンリケは、若くしてすでに成功を収めていた。そんな彼のもとにある日、少年時代の親友イグナシオが脚本を手に突然訪ねてくる。神学校寄宿舎では強い愛で結ばれていた2人だったが、イグナシオの変貌ぶりに戸惑い、疑念を感じてしまうエンリケ。一方で彼は、差し出された脚本の内容に惹き込まれていく。そこには少年時代の彼らの一途で純粋な愛と、それを引き裂く悲劇が綴られていた。2人はその脚本を基に自伝的な映画の撮影を始める。しかしその後、エンリケはイグナシオの大いなる秘密を知ることになるのだった...。
---
アルモドバルではおなじみのベルナル君ですが、エンリケ役のねずみ顔の人、結構好きです。

3 件のコメント:

  1. あら、アルモドバル好きなのね。いっしょいっしょ。
    キカあたりから唯一映画館で観てる監督ですわ。
    なんでしょうね、色がいいのかねぇ。

    返信削除
  2. kikaはばからしくて面白かったですね。
    アルモドバルは好きですね!
    というかスペインものは大体好きかも。
    フランスは全滅なのに…。

    返信削除
  3. あたいはどこのでも、スクリーンに映すものはみんな好きだ。
    でもホラーとスプラッタだけは例外!

    返信削除