2007/05/05

どうもウチの家族は虚言癖があるようだ

いまさらながらの確信。

今日もよい天気なので、朝から早速洗濯をし、
親父が買い込んだ訳のわからない食材をどうにかこうにか組み合わせて消化し、
スーパーに買い出しにもゆき、
だんだん食べれなくなってくるハハの食事まわりとか衛生まわり、腹水まわりなども
こなしつつ、昼寝もしつつ、な通常通りな日のはずだったんだけど。

夜もふけたころ、
「しぬとしたらここで死ぬのと病院でしぬのとどっちがいいのかなあ...もうだめかも」
とかいうので、「どっちでも好きなほうでいいけど、病院いきたければ手配するよ?」と
いったところ「じゃあいく」とのことだったので病院に連絡。
緊急外来と当直医との連携の悪さにキレそうになりつつ、ベッドが確保できるか
折り返し電話をくれるというので、いったん切ってまっていたところ、
「主治医の先生が月曜までこないからやっぱり今日はやめて月曜にする。」
というではないですか...。


危ないんじゃなかったのかよ!...いや、そのとおりになってほしいわけじゃないんだけど。全然。
にしても...。
大急ぎで頭フル回転のうえ荷物準備したり着替えたりコンタクトいれなおしたりした私は脱力するしかなく。
平身低頭で、病院からの電話をお断りしつつ、どっととつかれた一日でした。
親父はうろうろするだけだし...。

もう私の方が限界にちかくて、たまに「はやくおわんないかな」と思う自分がかなり怖いです。
...飲む。もう絶対。

0 件のコメント:

コメントを投稿