2007/05/13

吐きまくり

今日はいつものとおり、洗濯して掃除してから出発。本がなくなったので、本屋経由にて病院へ。
昨日ほどではないにせよ、今日も冷え冷え体制。冷えピタが額と首の後ろに、と大活躍です。

でも冷たいタオルもほしいっていうので、今日も5分おきでタオルをかえて、冷えピタの上に。
氷もがりがり食います。
顔と手を冷え冷えのタオルでふくと気持ちいいらしく、今日トータルで10回くらいはふいた気がする。

さてそんななか、「外にでたい」とのことで、看護士さんと相談して、なんと!ベッドごと外(ていっても敷地内)へお散歩へ。
こ、こんなことできるのね...。まあ物理的にはできるけど。
人間、外に普通に出れるっていうのはすごいことなんだなあ、と思いました。

この病院、何しろ住所が「○○村」なので、坪単価が安かったんだろうと思われ、敷地はものすごく広いです。
駐車場もかなりあるし、散歩道もふんだんにあって、緑豊か。

で、緑豊かな日陰のスポットにベッドを停めてしばし休憩。
「ここでハーゲンダッツがくいたい」とのことなので、急いで売店に走りゲット。一口二口で「もういい」って言うんだろうなあ、と思っていたら、あれよあれよという間に進み、ほぼほぼ完食。
おお、意外にまだまだいけるね?

...と思っていたら、病室に帰ってきてからが地獄でした。10回くらいにわけて、結局全部吐いちゃった。
これはせつない。

結局そのあとは何もたべず、ひたすら氷、ときどきあったかいお茶をすいのみから飲んでました。

あ、今日はいつもの方から、お花を宅急便でいただきました。は、はやいね行動...。
ハハが好きな白一色でまとめていただき、すごくかわいいやつだった。
ハハもじっくりみてて、とてもよろこんでました。いつも本当にありがとうございます(涙。
もう、花とかに気がまわらない自分がいて、余裕がないっていうのはよくないなあと思いつつ。

---
という看病ライフと同時並行で、ハハの荷物整理がはじめられていたり
父親と「死装束に用意すべき浴衣」について、病院行きのくるまのなかで話あったりしてるのが
なんだかきつい。

ちょっと精神的限界をむかえたので明日病院から一回ジブンの家にもどります。

0 件のコメント:

コメントを投稿