2007/06/21

あさ6時の鬼門。

母親が死んでからというもの、1日たりとも欠かさず続いていること。

それは、朝6時に目が覚めること。
まあ6時のどっか、ということなので、6時台ということですが。

なんでかなあ、とずっと思っていたのですが、
このまえふと、そういえば母が朝6時台にいってしまったことを思い出しました。

きっと罪悪感とか期待感とかいろんなものがまざってそうなるんだろうなあ。
まだしばらく記録更新はつづきそうです。

会社の人々的には「ええかげんにせい」的な感じかと思われますが、
まったくやる気がわいてきません。まだ。
すません。

0 件のコメント:

コメントを投稿