2007/08/31

恩田陸祭り。

映画祭りとともに、私の脳内で絶賛開催中なもの。
それは...恩田陸祭り。

夜のピクニック」とか映画化されてましたね。
あと有名どころは「ライオンハート」あたりとか。

彼女の作品、苦手なものも多いので、今回はあらすじ重視でピックアップ。

左→右の順に
象と耳鳴り
これが一番オススメ。登場人物はリンクしてるけど短編集です。話の流れ的にも面白かったし、人物も魅惑的。

不安な童話
「生まれ変わり」がテーマ。長編です。エンディングまでは面白かった。

黄昏の百合の骨」「麦の海に沈む果実
黄昏→麦の海、の順に読んじゃったけど、話のつながり的には逆。
黄昏...は途中までがものすごくよかったのに、エンディングがショボすぎた。あと、重要なキーになりそうな出来事とか人物がちらほらでてくるのに全く説明がないので、「これはもしや続編では...?」と思ったら案の定そうで、麦の海...がそれでした。
麦の海...は黄昏...と全然作風がちがくて、私的にはつらかった。黄昏...での消化不良は解消されたけど、この作品もやはりエンディングが唐突でショボい。

ねじの回転
恩田さんには珍しく歴史モノ。でもSFモノでもある。他の作品にくらべて難解ですが、面白かった!

----
恩田さん、長編だと、途中までは面白いのに、エンディングが唐突すぎるものが多いのですね。種を蒔きすぎて、ちゃんと回収しきれてないというか。
短編のほうがむいてるかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿