2007/11/14

パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO


監督はメキシコのお方、ギレルモ・デル・トロさん。
バベルの監督さんもメキシコの人だったとかで、最近注目を浴びてる模様。
流石にラテンなだけあって(?)、色キレイです。
でもダーク・ファンタジーとの前評判どおりで、よくよく考えるとグロい展開に...。特殊効果もグロいです。
現実世界でもファンタジーな世界でも悲しい結末に向かっていくので、結果的に救いはあんまりないのですが、よくできてる映画だと思います。
でも「も1回観たい!」というジャンルではないかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿