2007/12/09

ビューティ・クイーン・オブ・リナーン / the beauty queen of leenane


お芝居です。PARCO劇場の初日のチケット、いっしょにとっていただき、my同僚といってまいりました。
長塚圭史さん演出、大竹しのぶ/白石加代子/田中哲司/黒田勇樹、の4人芝居。大竹さんと黒田くんしか知らないけど、面白そう!と思っていたところ、黒田くん何故か降板で、代役がなんと演出の長塚さんに!ということで、ある意味ますます面白そう!...と期待膨らましつつみてきました。

面白かったです。ストーリーもすごく面白かったし、何よりみんなうまい!
流石に長塚さんの役は、もともと黒田くんの役だったこともあって、かなりヤングな設定&衣装で、ちょっと苦しかったですが(笑。
今回、初日だったことからなのか、俳優さんが科白を幾度かかんだり、間違えたりしてましたが、「初日」というのも初体験だったので、どことなく得した気分に。さらに、今回はラッキーなことにものすごくいい席だったので、楽しさ倍増。

たのしい夜でした♪


公演日程: 2007/12/7(金)~12/30(日)
作: マーティン・マクドナー
演出: 長塚圭史
出演: 大竹しのぶ 白石加代子 田中哲司 長塚圭史
※黒田勇樹君の代役で長塚さん

真っ黒いユーモア、猛毒の悪意、不吉な沈黙。
島、家庭、閉ざされた環境で恐ろしいほどに歪んでいく母娘関係。
一瞬輝いた光が照らし出したのは、思いがけない結末だった・・・
***
アイルランドの片田舎、リナーンに暮らす病身の母と行き遅れの娘。閉ざされた家の中で、母は娘に全ての家事と世話をさせ、一方娘は母の頼みを無視したり嫌がらせをしたり、と毎日バトルを繰り返している。ある日、娘にパーティの招待状が届けられる。しかしそれは、衝撃の終幕への序章だった・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿