2008/01/16

その名にちなんで / THE NAMESAKE


毎月14日はTOHO系の映画館が1000円なのです。
原作者のジュンパ・ラヒリさんがダイスキなので(でもこの作品の原作は読んでない)、いってきました。が、マイナーな上に、銀座のシャンテシネでしかやってないので、劇的に空いておりました。
お話はというと、アクションでもミステリーでもなく、インドからNYに移住してきたインド人一家の生き様を淡々と描いた作品なのですが、いやはやジョジョ泣きでした。
いい作品でした。
にしても、インドではお父さんが死ぬと息子はつるっぱげにならないといけないのかしら...?原作よんでみよっ。

0 件のコメント:

コメントを投稿