2008/04/27

つぐない / ATONEMENT


何か憶えのあるストーリー展開だと思ったら、原作は以前一気読みしてたイアン・マキューアンのものでした。
前半はけっこう面白かったのだけれど、後半がちょっとつまらなくてダラダラしてる感じ。最後のシーンも、もうちょっとダイナミックに描けたんじゃないかという気がする。
端正なんだけど、あまり印象に残らない作品でした。ちょと期待してたので、残念。
キーラ・ナイトレイの相手役のひと(写真左)、見たことある人だなあと思っていたら、ラストキング・オブ・スコットランドにでてた人でした。ジェームズ・マカヴォイさん。たまにカッコイイです。

0 件のコメント:

コメントを投稿