2008/04/14

ケラリーノ・サンドロヴィッチ「どん底」


久々のお芝居。初★Bunkamuraです。
ろくにパンフレットも見ずに、KERAさんだからという理由だけでチケットを頼んでしまった(sakuraさま、いつもありがとうございます)ので、ゴーリキーの有名なお芝居だったとは露知らず。黒澤明監督の「どん底」もこれが元だったのですね。
そこここにお笑いの要素は入ってくるし、みんなうまいしで決して退屈ではないのだけど、どうもメリハリがないように思え、前半ついウトウトとしてしまいました。お芝居で寝てしまうとは!...と、ちょいショック。
後半はちゃんと起きてたのですが、ちょっと尻切れトンボな感じでお芝居がおわってしまいました。
KERAさんのお芝居を去年のクリスマスに下北で観たときは大興奮だったのに、何なのかしらこの差は。原作のせい?と悶々としつつ、翌日図書館で原作本をゲットして読んでみると。
原作でした。
これをこのままお芝居でやってたら絶対寝てる!という感じの。
KERAさんなりに笑いの要素を追加したり、登場人物の関連性をプラスして、アレになったんだなーと。
海外ものの原作のアレンジって難しいんだろうなあと思った作品でした。


原作: マクシム・ゴーリキー
上演台本・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演: 段田安則 / 江口洋介 / 荻野目慶子
緒川たまき / 大森博史 / 大鷹明良 / マギー
皆川猿時 / 三上市朗 / 松永玲子 / 池谷のぶえ
黒田大輔 / 富川一人 / あさひ7オユキ / 大河内浩
犬山イヌコ / 若松武史 / 山崎一

0 件のコメント:

コメントを投稿