2008/05/29

最高の人生の見つけ方 / THE BUCKET LIST


自分本位な富豪の男(ジャック・ニコルソン)と実直な自動車整備士(モーガン・フリーマン)。
2人ともガンになり、入院したところ、たまたま同じ病室に。さらに、たまたま2人とも同じタイミングで末期ガン宣告され、死ぬ前にやり残したことを実現しようと病院を抜け出し冒険の旅に出る。
旅に出る前に、2人がやりたいことを書き綴ったメモが、「死ぬまでに叶えたいリスト"バケット(棺桶)リスト"」。これが原題です。この作品も邦題が合ってない感じ。
2人の旅にいっしょについていく富豪の秘書(ショーン・ヘイズ)が小気味良い感じで、作品のスパイスになってる感じです。エンディングでも重要な役割を果たしますし。
ジャック・ニコルソンもモーガン・フリーマンもともに70才ということで。いい味でてます。

でもなんだろうなあ、もうこういう話題のものをピュアに楽しめなくなりました。どうしても自分の経験と比べてしまって、作品と現実とのギャップだけが目についちゃって。
まあ一歩オトナになったと思えばいいか。

同じ棺桶リスト系の作品、こっちは結構リアルだと思う→死ぬまでにしたい10のこと [DVD]


0 件のコメント:

コメントを投稿