2008/06/17

ゲキ×シネ 髑髏城の七人~アカドクロ


ゲキ×シネ、まだまだ続きます。今週末はアカドクロ。これもよかったです。
全部同じ人の作品なので、やっぱりタッチは似てるし、
もう全然違う世界のお話なので、見た内容が人生に影響するなんてことは全然ないこのシリーズですが、純粋にエンターテイメント性の高い、楽しい舞台(映画)です。
古田新太さんと梶原 善さんの掛け合いが面白かったなあ。
来週はアオドクロ。





------
[作] 中島かずき  [演出] いのうえひでのり
[キャスト] 古田新太/水野美紀/佐藤仁美/坂井真紀/橋本じゅん/佐藤正宏/山本 亨/梶原 善 ほか

[story]奇しき縁にあやつられ、時代の裂け目に現れた名も無き七人の戦いが、今始まる。
時に天正十八年、戦国の雄―織田信長が逆臣の手にかかり倒れて、はや八年。天下統一は浪速の猿面冠者―豊臣秀吉の手でなされようとしていた。―ただし、唯一関東を除いては。

黒甲冑身を包んだ武装集団"関東髑髏党"の首魁、自らを"天魔王"と名乗る仮面の魔人。関東の大平野に忽然とそびえる漆黒の城こそ、彼らの拠城―"髑髏城"であった。天下統一を狙う秀吉の最後にして最大の敵となった天魔王。風雲急を告げる関東荒野。そこに、奇しき縁にあやつられるかのように集まる者たち。

関東髑髏党におわれる沙霧(佐藤仁美)を行きがかりから助けた謎の牢人・狸穴二郎衛門(佐藤正宏)と玉ころがしの捨之介(古田新太)は、色街無界の里の主人である無界屋蘭兵衛(水野美紀)に匿ってくれるように頼む。そこには関東随一の大太夫・極楽太夫(坂井真紀)、関八州荒武者隊を名乗る抜かずの兵庫(橋本じゅん)らがいた。沙霧を追う髑髏党の斬光の邪鬼丸(山本亨)は、無界の里に隠れる沙霧を見つけ出し里を襲う。そこに突然現われた天魔王によって捨之介と蘭兵衛たちの過去が明らかになる。さらに天魔王の魔の手は捨之介の旧知の刀鍛治、贋鉄斎(梶原善)にも伸びるのだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿