2008/07/02

告発のとき / IN THE VALLEY OF ELAH


最近戦争関連の映画をよく見ている気がします。
この作品は、
「イラク戦争から帰還後、息子が無断離隊したとの連絡を受けた父親が、息子の汚名を拭うべく行方を捜す中で次第に浮かび上がる過酷な真実を描き出す。」...というものでした。
実話ベースの作品です。
地味で暗い、淡々とした映画なのですが、実に無駄がなく、丁寧なつくり。
とても好きです。
戦争という特異な経験をしてしまった若い兵士たちの物悲しさが、とてもリアルでした。

監督のポール・ハギスさんは、これまたダイスキな「クラッシュ」の制作者さんでした。道理で。

0 件のコメント:

コメントを投稿