2008/08/10

たみおのしあわせ


岩松了さんが脚本、監督の作品。時効警察の面々がいっぱい出てきますが、匂いはちょっと違う感じ。別段ドラマティックな展開もなく、日常に溶け込んでるんだけど変なところがいっぱいあって、それを愉しむ感じでしょうか。石田えりとか大竹しのぶとか、脇役陣も豪華だし。「歩いても歩いても」のときとは全然違う父親像を演じきる原田芳雄さんがスゴイ。
終わり方については劇場内で「えー?」とか「納得できない」という声が多かったのですが、
結構好きです。
オダジョーと原田さんが手をつないで逃げるシーンがいいなあ、と思いました。
そして麻生久美子は色気があるなあ。いいなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿