2008/08/17

ダークナイト / THE DARK KNIGHT


暗い夜なのかとおもってたら、黒い騎士でした。原題。
道理でアーロン・エッカート演じる検事が「光の騎士」って連呼されてたはずで。

どうやらいろいろ見ていたら、同じ監督&配役の「バットマン ビギンズ」の続編だったみたいですね。
残念ながら見てないので、よくわかってない部分もあるのやもですが。

話題になっているのは、死んでしまった、ヒース・レジャーの「ジョーカー」役の演技について。
うん、確かに。ジャック・ニコルソンがやっていた、コミック的な感じではなく、リアルに怖い。
ヒース、スゴイ。残念です。

ヒースも好きですが、
クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)も
マイケル・ケイン(アルフレッド:執事)も
アーロン・エッカート(ハーベイ・デント検事/トゥーフェイス) も
マギー・ギレンホール(レイチェル・ドーズ)も
モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)も!
いい役者さんいっぱい出てて、よかったなあ。

クリストファー・ノーラン監督の作品は、好きなのとそうでもないのとがごちゃまぜですが、
これはけっこう好きです。
役者さんもいいし、ストーリー展開も、コミック原作としてはかなりリアル
(バッドマンの衣装とアーロンの半顔は置いておいて)。
セットや小道具もカコヨイです。
暗い作品ですけれど。

トレーラーが縦に倒れるシーンが印象的でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿