2008/09/11

Symphonic NEW YORK@Bunkamura


指揮者の人のアクションがとても一生懸命でかわいくて、しゃべってもお茶目で、
とてもチャーミングな人でした。好きだなあこの人。
何故か一番印象に残っています。
次に山下さん。jazzはその人の人生スタイルふくめてのパフォーマンスなんだろうなあと思う。
白いスーツがパリッときまっていて、姿勢が良くて、ユーモアがあって。
なんだか格好良いのです。
正直、その良さは詳しい方々の1/1000も理解できていないと思うけれど、
良い経験ができました。
清水くんは、もちろんうまいけど、普通の兄ちゃんという感が否めず。

錦織さんが意外にトークかませる人だったということを発見。
「ナビゲーター」として坂上みきさんが出てきたのは予想外でした。


■第 1 部
バーンスタイン  キャンディード序曲

バーンスタイン  《ウエスト・サイド・ストーリー》より
マリア [ 錦織 健 ]

ワン・ハンド、ワン・ハート
[ 鈴木慶江、錦織 健 ]

サムホエア
[ 鈴木慶江、錦織 健 ]

トゥナイト
[ 鈴木慶江、錦織 健 ]

バーンスタイン  シンフォニック・ダンス

■第 2 部
ガーシュウィン  キューバ序曲

ベン・E・キング  スタンド・バイ・ミー
[ 清水翔太 ]

清水翔太     アイシテル
[ 清水翔太 ※オーケストラ版 ] 

ガーシュウィン  サマータイム ~《ポーギーとベス》より              
[ 清水翔太、山下洋輔 ]

ガーシュウィン  ラプソディ・イン・ブルー
[ 山下洋輔 ]

0 件のコメント:

コメントを投稿