2008/10/06

イントゥ・ザ・ワイルド / INTO THE WILD


監督:ショーン・ペン、主演:エミール・ハーシュ(スピード・レーサーでも主演。)のこの映画。
実話が基になっています。
彼がバスですごす最後のほうの日々と、これまでの経緯を行ったりきたりしながら、
結構淡々と、お話はすすみます。
旅先の景色もいいし、音楽もナイス。
だんだんやせていくエミール君の演技も文字通り、体当たり。
主人公が旅先で出会う人々も、それぞれによい味をもった俳優さんばかりです。

でもこの主人公、すごく極端な人だと思うので、感情移入できない人は多いかも。
誰でも旅に出たい、とか、全部捨てちゃいたいって思うことはあると思うけど、
なかなかお金は燃やせないと思うし。

...ということで、ベスト・ムービーではないけれど、こういう人がいたんだ、ということがよくわかったし、彼が旅の過程で見出した真理をこっそり教えてもらえたような、見てよかったなあと思える映画でした。

幸福は他人と分かち合ってこそ。うん、その通りだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿