2008/12/24

人情噺文七元結


「シネマ歌舞伎」シリーズです。松竹。銀座の東劇でみました。
ゲキシネは新感線系のお芝居ばかりですが、こっちは歌舞伎役者さんばっかり。
一度見てみたくて、勝手に鑑賞券2枚買って一緒にいってもらいました。
中身はというと、ゲキシネみたいな派手派手しさは全然なくて、普通にお芝居な感じ。でもノリは歌舞伎で。
普通に掛け声(中村屋!とかいうやつね)入るし、拍子木も使うし、役者さんは見え切るし。
中盤まで、思わずまどろんでしまうくらいにけっこうまったり気味なのですが、
後半で一気にまくった感じ。
なぜかすごく短く感じられました。


山田洋次監督、中村勘三郎、夢の顔合わせが実現!
三遊亭円朝が口演した落語が原作の歌舞伎『人情噺文七元結』。2007年10月に新橋演舞場にて上演された名作世話物が早くもシネマ歌舞伎として登場します。今回は、日本映画界を代表する名匠・山田洋次が、中村勘三郎の要請に応えてシネマ歌舞伎を初監督、夢の顔合わせが実現しました。『カットによっては生の舞台よりも力を感じるときがある』とシネマ歌舞伎の映像の迫力を高く評価する山田監督のもと、従来のシネマ歌舞伎よりも多くのカメラを設置して撮影された映像は、劇場の生々しい臨場感から、人間味あふれる勘三郎の長兵衛の息遣いまで余すところなく捉え、シネマ歌舞伎に新たなる1頁が加わりました!

★あらすじ
腕は立つし、人もいい左官の長兵衛は、困ったことに大の博打好き。見かねた娘のお久は、吉原に身を売る決意をします。事情を察した妓楼の女房・お駒は、長兵衛を諭し、50両の金を貸し与えるが、その帰り道…。
笑いと涙の人情喜劇の大傑作。この秋、夢の顔合わせでとことん楽しんでいただきます!

★配役
左官長兵衛… 中村 勘三郎 / 女房お兼… 中村 扇雀 / 手代文七… 中村 勘太郎
お久… 中村 芝のぶ / 鳶頭伊兵衛… 片岡 亀蔵 / 和泉屋清兵衛… 坂東 彌十郎
角海老女房お駒… 中村 芝翫

0 件のコメント:

コメントを投稿