2009/04/10

白い巨塔 / 山崎 豊子


山崎豊子さんの作品は、「大地の子」「沈まぬ太陽」等々、
大陸系の壮大なドラマが結構人気あるのだと思いますが、
私はどうもそっち系が苦手のようです。
これは大学病院モノなので、一時期病院漬けだったこともあり、
ストーリー展開に共感できて、かなり面白かった。
おそらく最速に近いスピードで読み切りました。

amazon:白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)


---
国立大学の医学部第一外科助教授・財前五郎。
食道噴門癌の手術を得意とし、マスコミでも脚光を浴びている彼は、
当然、次期教授に納まるものと自他ともに認めていた。
しかし、現教授の東は、財前の傲慢な性格を嫌い、他大学からの移入を画策。
産婦人科医院を営み医師会の役員でもある岳父の財力とOB会の後押しを受けた財前は、
あらゆる術策をもって熾烈な教授選に勝ち抜こうとする。

0 件のコメント:

コメントを投稿