2009/05/07

鴨川ホルモー


原作の万城目学さんの作品は「鹿男あをによし」しか読んだことはありません。
が、きっとこの方は
1) 奈良とか京都とか関西が舞台で、
2) 神さんとか歴史とかにまつわる話(に、おバカなフィクション要素を加える)
が好きなんだろうなあと思います。

この作品も上記傾向はバッチリで、京都大学が舞台だし、式神のお話です。
登場人物の名前も、安倍晴明(山田君)とか菅原道真(荒川さん)をもじった役名が多い。
CGのオニが予想外にキッチュなキャラで、ちょっとびっくりしましたが、
全体的には気持ちよいくらいにバカバカしくて、面白かったです。

原作ではどういう味付けになっているのか、読んでみたくなりました。

やっぱり山田君はかっこいいなあ。
そして、個人的には栗山千明の入り込みっぷりが素敵でした。
なんとなくユマ・サーマンとかぶる。

監督: 本木克英
原作: 万城目学
出演: 山田孝之 / 栗山千明 / 濱田岳
石田卓也 / 芦名星 / 斉藤祥太 / 斉藤慶太
渡部豪太 / 藤間宇宙 / 梅林亮太 / 和田正人
趙民和 / 三村恭代 / 大谷英子 / オジンオズボーン
中林大樹 / 佐藤めぐみ / 甲本雅裕 / パパイヤ鈴木
笑福亭鶴光 / 石橋蓮司 / 荒川良々

0 件のコメント:

コメントを投稿