2009/05/01

スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE


「トレインスポッティング」「ザ・ビーチ」のダニー・ボイル監督作品。
今年のアカデミー賞の主役、という華やかなイメージの一方で
ラティカの幼少期を演じた女の子が人身売買されそうになった、などの情報もあって
なんだか影と光のある作品だなあと思っていましたが、
中身もその印象が強かったです。
まさに今のインドを象徴している作品なのかもしれません。

話は単純。ストーリー展開は、ともすれば単調になりがち。
かつ、インドというあまり想像のつかない土地の話だし、筋もまあ現実的ではない話なので
このまま行くと、つまらない作品になってしまいそうなところ。
そこをボイル監督が、音楽とカメラワークでなんとかしてる感じかなあ。
あと、この作品は予告篇作った会社が素晴らしいんだな、と本編を見て実感。

全然関係ないですが、どうも途中から

成人のラティカ→上戸彩
成人のサリーム→松村雄基
ミリオネアの司会者→(当然ながら)みのもんた

…のように見えてきてしまい、気が散ってしまいました。。

ともあれ、よく出来ております。
インドの現実を垣間見せる社会的な一面もありつつ、
クイズ番組で奇跡の正解を出し続ける、というエンタメ性もあって、
いかにもアカデミー向きな作品だなあ、とも思いました。

エンディングでキャストがいきなり踊りだして、
いかにもインドっぽい感じのエンドロールデザインがでてきたところで
「ムトゥ 踊るマハラジャ」をなつかしく思い出しました。


監督: ダニー・ボイル
出演: デヴ・パテル / マドゥル・ミッタル / フリーダ・ピント
アニル・カプール / イルファン・カーン / アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデカール
アズルディン・モハメド・イスマイル / ルビーナ・アリ

2 件のコメント:

  1. これ、俺的にはすごくよかったんだよねー。
    テンポもよかったし、きっとダニーボイルが好きなんだと思う。

    あとはMILKと近日公開スタートレックが見たいと思っております。

    返信削除
  2. いや、よかったのよ。よかったんだけど。
    予告編何回も観てたから、期待しすぎたのかも。

    MILKも面白かったよー。是非。

    返信削除