2009/08/04

劔岳 点の記


思わぬタナボタで、観に行けることになりました。ツルギダケ。
初めての渋谷のTOEIは、かなり古く、懐かしい雰囲気の映画館でした。
そういうの、決して嫌いじゃないんだけど、
シネコンに行きなれちゃうと、やっぱり色々と面倒に感じてしまいますね。

さて。
「日本映画界を代表する名カメラマン木村大作が自ら初監督に挑み、新田次郎の同名小説を完全映画化。明治時代末期、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍の命を受け、最後の空白地点を埋めるべく前人未踏の難峰・劔岳に挑んだ男たちの命を懸けた真実の物語を圧倒的なスケールで描き出す。実際に劔岳・立山連峰各所でロケを敢行、測量隊と同じ行程をほぼ忠実に辿る危険と隣り合わせの過酷な撮影の末に実現した雄大さと迫力に満ちた映像美に注目。」
との、この映画。
確かに映像に気合は感じる。俳優陣も豪華だ。

でもなんか、脚本が唐突な気が。

なんの伏線もない(はず)のに、いきなりラブラブモードになったり
仲間になってたりで、若干白けてしまいました。ゴメンナサイ。。

主演の浅野さんが、どうしてもカツオ君に見えちゃったのもおおきいかも。

---
監督/撮影:木村大作
出演: 浅野忠信 香川照之 松田龍平 モロ師岡 螢雪次朗
仁科貴 蟹江一平 仲村トオル 小市慢太郎 安藤彰則
橋本一郎 本田大輔 宮崎あおい 小澤征悦 新井浩文 鈴木砂羽
笹野高史 石橋蓮司 冨岡弘 田中要次 谷口高史 藤原美子
タモト清嵐 藤原寛太郎 藤原彦次郎 藤原謙三郎 前田優次
市山貴章 國村隼 井川比佐志 夏八木勲 役所広司

0 件のコメント:

コメントを投稿