2009/09/11

東京JAZZ 2009 / 2009.09.05 19:00-

たまにばったり新宿で会ったりする、前の会社でお付き合いのあった先輩男子からお誘いいただき、いってきました。
嫁がいけなくなると誘ってくれるらしい(笑)。
前にも歌舞伎のチケット譲っていただいたりと、度々タナボタなおこぼれを頂戴しております。
ある意味、嫁に感謝なのですが、今回は特に感謝せねばならず。

…というのも!

なんと前から4列目のど真ん中。
激しく素晴らしい席でした。

内容はというと。

まずひとりめ、

Melody Gardot(メロディー・ガルドー)

しっとり系なんだけど服装はイケイケな艶女でした。
杖ついてたので、なんでかなと思ってたら、19のときに事故に遭われてるのですね。
サングラスも事故の後遺症で視覚過敏になったからとかで、後で納得しました。

とはいえやはりしっとり系なので、それほどはもりあがらず。
1Hくらいの演奏のあと、15分のセットチェンジをはさみ。


Hiromi(上原ひろみ)

連れの先輩男子がほれ込んでいるピアニスト、Hiromiさんの登場です。
日本人だからというのもまったく要素としてないとは言い切れないですが、
この人の回が一番盛り上がった!アンコールも唯一あったし。

私は今まで見たことも聴いたこともなかったので、正直なところ、連れの先輩男子を
「アイドル萌え」系なノリでファンなのかと思っていたのですが(失礼。。)
激しく誤解しておりました。

この人はすごかった。
初心者にも入り込みやすい、いいサウンドなのはもちろん、
なにより、弾いてるときに彼女自身が楽しそうで、気持ちよさそうで。
こっちまで幸せな気分にさせてくれる、素敵なパフォーマンスでした。
日本初らしいピアノソロライブを、こんなよい席でみれて、わたしゃ幸せ者です。。

さてトリは。

L'Image(リマ―ジュ)

ドラムの人が「神」と呼ばれているらしく、確かに偉そう(良く言えば落ち着いてる)でした。笑。
あんまり変化のない、心地よい音楽をひたすらプレイ。
おそらくスゴイ所はいっぱいあったのだと思いましたが、気づきませんでした。。

でも、こういう年取っても、自分以外に替えがきかないような、オンリーな職業を持っている人は本当に素敵だなと思います。

----
1人(組)1Hくらい+セットチェンジ15分が2回で、終わったのは23:00くらい。
よい夜でした。

2 件のコメント:

  1. ガルドーさんはそんな経緯があったんですね。
    杖もグラサンもオシャレなのかと思っていました。。。

    とりあえず誤解が解けて何よりです。

    ちなみに帰ってからヨメに
    『「アイドル萌え系なノリでファンなのかと思ってました」って言われちゃったよぉ』
    と伝えたら「違うの?私もそう思ってたけど」と言われてショックを受けました。w

    また機会があったら是非に。

    返信削除
  2. 前にyokoi嬢も言ってた気がしますが、
    ヨメさんとは気が合いそうです。笑。

    本当にありがとうございました♪

    返信削除