2009/12/23

魂は宿るのか、


遺品に。



親父と、親父と再婚した嫁さんが来年マンションに引っ越しをすることになり。
引っ越し先が、今の一戸建てに比べて手狭なこともあって、
私が実家に置いてきた大量の荷物(主に漫画)を引き取りにこいって連絡が。
で、母親の文化刺繍(ていう刺繍でできた絵なんす。)も廃棄したいと。
まあ新しい奥さんにとっちゃ、気持ちよいものではないと思うので、
別にそれに対してどうこうということはないのですが。

しかし、困った。
こっちだって賃貸一人暮らし、余分なスペースなどあるはずもなく。
引き取った漫画の収納さえ怪しい。絶対あふれる。

でも、遺品なのだ。
魂とか霊とか基本的にないものと思ってますが、思い出は確かに宿っているのだ。
しかも手仕事ものなので、よりたっぷりと、入っている気がする。
捨てるのは、なかなかしんどいです。

自分のところに置いておけないのであれば、
せめて、こういうのが好きな人のもとに渡って、見られてほしいと願う。

そんなこんなで、
↑の感じの絵(額縁入りが20枚くらいと、絵だけのやつが30-40枚くらい?)を
どうしたものかと悩み中です。
一応先生の資格をもっていたので、身内びいきさっぴいても、うまいと思うんですけどね。

まあ、でもかさばるものなので、人によっては厄介もんだろうし、好みも激しくわかれそうだし。
遺品なので、そういうの嫌な人もいるでしょうしね。

ということで伝手(アナタはホントに、私が求めるものを何故かちゃんといつも持ってるのよ)を
たどって1枚落ち着き先はきまったものの、その他は難航中。

もちょっとがんばるけど。
がんばります。

あ、ダメモトですが、奇特な方向けに。ここに一部写真があります~
http://havananite.com/1215.zip
※コスモスだけ行き先決定してます。

0 件のコメント:

コメントを投稿