2009/12/25

上原ひろみ with 新日本フィルハーモニー交響楽団 クリスマス特別公演


@クリスマスイブ、@すみだトリフォニーホール。
上原ひろみマニア(既婚男子)に誘われ、行ってきました。


なんでも上原さんがオーケストラとやるのは初めてのことらしく、
そんなにコアなファンでもない私は「へ―」という程度のノリだったのですが
上原さんが大学ではピアノ科ではなく作曲科だったとか、
なので今回の曲も彼女が全部譜面に起こしたんだとか、
まあ例のごとく、うんちく満載のマニアが事前に色々と教えてくれたので
俄然わくわく度が高まりまして。

さて上原さんとオケとのコラボはというと、前半は結構控えめな感じで
「ふぅむ。」という感じだったのですが、後半でやってくれた長めの曲では、見事な協調!
「おお!ダイナミック!」という感じでした(ボキャブラリーが貧困ですみません)。

でもやっぱり上原さんはジャズの人(確か、そうだったはず。)で、
見せ場はアドリブも多々入っているらしいソロの部分なんですよね。

そのときって、ジャズの世界だと即興コラボをするものなんだろうけど、
オケだとその辺は一線をひくものなのか、オケ全員、休め状態になってしまうわけで。

上原さんファンのお客さんのことも考えると、構成的には正解なのですが
私の勝手な印象だと、どうもオケの人が、そういう休めタイムに
「どうせ俺たちはお飾りりさ~」的なやさぐれ感を醸しているように感じられてしまい。

「オケの人が気持よく上原さんとコラボしてくれてるといいんだけどな。。」と
上原さんの母ちゃんのような心境になって勝手に心配してしまいました。

私はオケとか人数が多いコンサートだと、何をみていいかわからなくなっちゃうので、
たいてい1,2人お気に入りを見つけて、彼らの行動をじーっと見ちゃうのですが
今回目を付けた、他の人より一層やさぐれ感漂うチェロの親父と上原さんを見比べながら
「だ、大丈夫?大丈夫?」と1人ハラハラプレイを繰り広げてました。
なんのこっちゃ。
でも後半で、上原さんが何かお茶目なことをしたときに、ふと親父をみたら
「にや」とニヒルな笑みを浮かべていたので、思わず「ヨシ!」と心の中でガッツポーズ。

ま、そんな勝手ストーリーを繰り広げましたが、楽しかったです!
相変わらず上原さんはキュートなお方でしたし。

クリスマスイブということもあってなのか、会場も盛り上がり、
アンコール4回くらいした。笑。
よい夜でした。

---
出演:
上原ひろみ[ピアノ]
沼尻竜典[指揮]
新日本フィルハーモニー交響楽団[管弦楽]

4 件のコメント:

  1. すみだトリフォニーホールってなんだかすごい綺麗なんだね~(と場所に反応^^;)

    返信削除
  2. うん、確かにすごくキレイでした。
    この真正面にあるのがパイプオルガンらしく、金かかってる感じ。
    「こういうのって国からたんまり助成金がでるんだろうねー」と
    uzawaさんと井戸端的会話をしておりました。

    返信削除
  3. クリスマスに乙女を呼び出してスミマセンでした。
    2nd setが非常に良かったですよねぇ。
    また機会があったら是非に。友達少ないので。

    返信削除
  4. いえいえ、お誘い感謝です。
    bluenoteも堪能されたようで、いい年末でしたね~。

    こんな場所から何ですが、今年もよろしくお願いします♪

    返信削除