2010/09/22

悪人


予告編を見たときから、何やら気になる作品でした。
ということで拝見@六本木ヒルズ。

最近の邦画って両極端だなあとよく思う。
局タイアップ付きで、漫画原作とか連続ドラマの映画化が大半のわかりやすいタイプと、
こういう、わけもわからずぐさっとくる鉄砲玉みたいなタイプ。
たいてい重い。

かなり身につまされるんですよね。
リアルというか、本当に隣にその人がいそうで、
ちょっと怖い。あるいは悲しい。

弱ってるときは避けたい系ですが、
怖いもの見たさというか、たまに確認用として必要になるというか。

今回のもそういう系なのはわかっていたのですが
まあ若干非現実な話だし、大丈夫かなと。
でも樹木希林さんが出てるの、忘れてました…。

東京タワー以降の樹木さんは本当にやばいというかまずいです。
だってもう、俳優さんじゃないもん。
まさにご近所にいそうなおばちゃん、おばあちゃん、そのもの。
母親と重なって、余計に普通に見れない。

ということで、なかなかつらかった。

が、いい映画です。

こういう系の映画の常として、
万人向けのわかりやすいメッセージ性はないので、
誰が悪くて誰がいい人とか、
本当はこの人はどう思っているとか、
明示的な結論は何一つとしてありません。

現実の生活と同じように、起きたことと、
接した人との情報から、自分で判断していくしかない。

当たり前のことなんだけど、
よく忘れちゃうからね。
思い出させてくれて感謝です。

でも1個だけ。
イカの目の中に次のシーンが写るのはどうかと思ったぞ!


---
監督:李相日
原作:吉田修一
脚本:吉田修一 李相日
撮影:笠松則通
美術:杉本亮
美術監督:種田陽平
編集:今井剛
音楽:久石譲

出演: 妻夫木聡 深津絵里 岡田将生
満島ひかり 塩見三省 池内万作 光石研
余貴美子 井川比佐志 松尾スズキ 山田キヌヲ
韓英恵 中村絢香 宮崎美子 永山絢斗
樹木希林 柄本明

1 件のコメント:

  1. 前から気になってはいたのですが、
    邦画だし、正直DVDでもいいかも、と思っていたのですが。
    どうもuzawaさんが褒めてると、ウズウズしてきちゃうんですよね(笑

    映画館でみれてよかったです。

    返信削除