2011/05/11

接吻


「八日目の蝉」で小池栄子に大注目フェアになってしまい、この作品をレンタルで。
こっちの小池もすごいぞ、と。ええ、すごかったです。

結末は当時、結構物議をかもしたようです。
途中経過がすごく面白かった作品って、変な形で終わることが多いですが、
何でしょうねアレ。期待が膨らみすぎてしまうんだろうか。

この作品のラストはなんというか唐突で、一見脈絡がない行動に思えるのだけど、
深読みしようと思えばできるような、できないような、、。
一種、煙に巻かれた感じですが、そういう終わり方が妙にしっくりくる作品でした。

2 件のコメント:

  1. おっこれボクもスキです。
    小池栄子さんの存在感半端ないですよね。

    返信削除
  2. あ、やはりチェック済みでしたか(笑

    返信削除